高校での「英語による英語の授業」の対策の一つとして!

 新学習指導要領によりますと、平成15年度に高校へ入学する生徒、つまり、現在の中2生が高校生になったときに、高校での英語の授業が英語で行われることになります。

例えば、英語のライティングの授業では、これまで日本語で英文法の説明が行われておりましたが、これが英語による説明になります。

英文法を、日本語で説明されても十分理解できるとは言えないところに、英語による説明で理解しなければならなくなるということを考えますと、英語による授業を受けなければならなくなる高校生の英語の学力低下が心配されます。

しかし、英語による英語の授業のための準備をいまからしておけば、そのような心配は必要なくなるハズであり、現在の日本語による英語の授業より、より実用的は英語を身に付けることができるのは間違いないと言えます。

では、その準備としてスグに思い付くのが英会話スクールへ通うということですが、予備校や塾へ通いながら、さらに、英会話スクールも!ということになると、経済的負担が大きくなります。

個別指導塾と英会話スクールを併せ持つ三郷駅前校は、「英会話のウィンビー」と「スクールIE」の両方に入会する、あるいは、入会している生徒さん(「スクエア生」と呼んでいます)には、お得な特典があります。

スクエア生についての詳細は、お気軽に当スクールまでお問い合わせ下さい。

"高校での「英語による英語の授業」の対策の一つとして!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント